飲んだ翌朝、頭が痛くなるのはなぜ?-飲酒(深酒)と二日酔いと頭痛の関係とは

頭痛は二日酔いの代表的な症状ですが、いったいなぜ起こるのでしょうか。

原因は大きく分けて三つあります。

まず一つめは、アルコールによって血管が拡張し、それによってまわりの神経が刺激されて痛みが起こるというもの。(参考:偏頭痛の薬を飲む前に!食事やストレッチで改善してみては?)

二つめはアルコールの利尿作用によって脱水症状が起き、体内の水分が減少した結果、脳を保護する髄液が減る低髄液圧症候群となって頭痛が起きるというもの。

そして三つめはアルコールが分解される際に生成される毒性の強いアセトアルデヒトという物質が体内に残っていることです。

肝臓が一度に分解できるアルコールの量は決まっており、それを超えて摂取するとアセトアルデヒドが血中に残り、頭痛を起こしてしまうのです。

二日酔いの効果的な対処法、誰もが知りたいですよね?頭痛薬を飲もうとしていたら、ちょっと待って!

二日酔いによる頭痛を抑えるためには、鎮痛薬が有効です。

鎮痛薬には無水カフェインで血管を収縮させるバファリン、炎症を抑えて痛みをしずめるロキソニン、イブプロフェンが痛みの元であるプロスタグランジンを抑制するイブクイック、イブプロフェンを抑えると同時に痛みが伝わるのをブロックする効果のあるナロンエースなどがあります。

自分の症状に合った薬を選ぶことが大切ですが、わからないときは薬剤師に相談しましょう。

薬を使わない対処法としては、脱水症状によるものならスポーツドリンクを摂取する、血管の拡張やアセトアルデヒドが原因の場合は適量のカフェインを摂る、といった方法があります。

首から肩にかけて冷湿布をするのも効果的です。また、昔から言われているようにシジミの味噌汁を飲むのも二日酔いには効果的です。(参考:偏頭痛の前兆・症状から改善方法まで)

二日酔いにならないためにはどうすればよいか-二日酔い予防法と頭痛にならないための秘訣、まとめました

最近ドリンクやサプリで人気のウコンやタウリンには、胆汁の分泌を増やして肝臓のアルコール分解機能を高める作用があるので、飲む前に摂っておくと効果的です。

肝機能の活性化という点では、タンパク質を多く含む牛乳などの乳製品を摂っておくのもよいです。

飲むときには必ずおつまみを一緒に摂るようにしましょう。

ビタミンCを豊富に含む枝豆やジャガイモ、胃や腸の粘膜を保護するムチンを含んだオクラやなめこ、長芋などがおすすめです。

また、アルコールを分解する際には水が必要になるため脱水症状が起こりやすくなりますから、飲んだ後には水分と適度な塩分を補給しておくとよいでしょう。

しかし何より大切なのは、自分の適量を知り飲み過ぎないようにする、ということです。(参考:真夏日到来!脱水症状による 頭痛・吐き気・熱に要注意!これからの季節に!脱水症状が引き起こす頭痛の予防法&対処法)