なぜ頭痛が発生するのか?今回は偏頭痛の場合について

頭痛が発生する原因の一つに偏頭痛があります。

ガンガンと頭を刺激されてしまいますので、集中力を欠いてしまったり、ストレスにもなってしまうものです。

偏頭痛の発生原因は色々ありますが、まず挙げられるのが頭部の血管の膨張です。

血小板からセロトニンと呼ばれる血管を収縮させる作用のある物質が放出されますが、セロトニンは時間の経過と共に分解されて減少していきます。

セロトニンが減少する事によって収縮していた血管が拡張していきますので、その際に頭痛が発生すると言われています。

その他にも三叉神経と呼ばれる顔の感覚を司る神経が刺激される事によって偏頭痛が発生する事もあるようです。

三叉神経が刺激される事によって色々な神経伝達物質が分泌されるようになると言われていますが、それらの物質の働きで血管が拡張したり、また炎症も発生して神経を刺激する事があるようです。(参考:偏頭痛の前兆・症状から改善方法まで)

まずは自分の頭痛の原因を知る事が大切!本当にあなたの頭痛は偏頭痛ですか?

頭痛の原因や種類は様々ですが、大切なのはなぜ頭痛が発生したのかをきちんと知る事です。

発生原因が不明瞭な状態ですと、根本的な対策をする事ができません。

取り敢えずは痛み止めで対策ができる事もありますが、慢性的な痛みの場合、毎回痛み止めを飲む訳にもいかないものです。

やはり根本から改善していかないと、頭痛からなかなか解放される事はありませんので、確実な対策をする為にも原因をよく考えてみた方が良いでしょう。(参考:偏頭痛の薬を飲む前に!食事やストレッチで改善してみては?)

すぐに実践できる偏頭痛対策の方法とは!?

もし偏頭痛が発生した際の対策方法ですが、大切なのは安静にしている事です。

偏頭痛は過敏になった脳を鎮静化させる事が大切とされていますので、その為にもゆっくりと休むようにした方が良いとされています。

また、できれば眠ってしまった方が良いようです。

眠る事によって拡張している血管が収縮して痛みが落ち着く事もあるようですので、状況が許すようなら睡眠を取って対策を行うと良いでしょう。

どうしても眠れない場合は、動かずに休むだけでも意味がありますので、椅子に座って安静にするなどの対策も良いと言えます。

頭を冷やしてみるのも偏頭痛には効果があります。

例えば冷却シートや氷枕などを利用する事で症状が軽くなる事もあります。

その為、安静にしながら頭を冷やしてみるのも良いでしょう。

ただ、こういった対策法は偏頭痛の場合です。

その他の原因によって頭痛が出ている場合はまた違った対策が必要になる事を知っておく必要があります。

(参考:あなたはどれ?〜原因と痛み方が違う3種類の頭痛〜