授乳中にインフルエンザにかかったら-心配な時こそ、正しい対処法を

インフルエンザは高熱が出ることでも知られており、しかも感染力が強く他の人に移してしまう可能性もあります。

それゆえにかからないよう予防対策はとっておきたいですが、やはり外に出ないというわけにも人と会わないわけにもいきませんので、完全に予防するのは難しく、気をつけていても、かかってしまうこともあります。

そして特に気になるのは赤ちゃんを産んだばかりの頃です。

このときはまだ母乳を赤ちゃんにあげている段階ですので、そのまま母乳を与えて良いのかは悩むところです。

まずは焦らず落ち着いて行動していきましょう。(参考:妊娠中こそインフルエンザの予防接種を受けましょう!)

インフルエンザにかかったとしても、基本的には授乳できる

授乳で感染してしまうのではないかという心配もありますが、基本的に母親がインフルエンザに感染しても、授乳では感染しませんのでそのまま授乳は行なえます

母乳には赤ちゃんを様々な感染から守る免疫物資を赤ちゃんに与えるものとなっていますので、免疫システムをより強くする働きがあります。

それゆえにインフルエンザにかかったらといって、授乳をやめる必要はないとされています。(参考:こども(乳幼児)がインフルエンザにかかったらどうしますか?)

そしてこの場合も感染を抑えるために、直接授乳するのではなく、搾乳して他の人に飲ませてもらう、もしくは粉ミルクを与えてもらうなどの対策を取ると良いでしょう。

そして母体からの咳、くしゃみ、唾液などで感染することがありますので、できるだけ子供には近づかないようにし、症状が改善してからも近づく際は手洗いをしっかり行ない、マスクをつけるなどで感染を予防します。

部屋が乾燥していることも感染しやすい原因となりますので、適度に湿度は保ち、換気もしっかりと行ないましょう。(参考:知っておきたい!インフルエンザの2つの感染経路と3つの予防法)

インフルエンザにかかった時、授乳するなら薬には気をつけましょう

感染した場合も授乳を行なうことができますが、この場合に気をつけたいのは薬の影響です。

インフルエンザにかかると、その症状を収めるために薬を使って治療することが一般的ですが、この薬で赤ちゃんに影響が出てしまう可能性もありますので、薬の使用には気をつける必要があります。

インフルエンザは一時的にはかなりつらい症状になることもありますが、数日程度で回復できるものです。

どうしても薬が必要という場合は医師と相談して、できるだけ安全性の高いものを処方してもらいましょう。

安全性の高いとされている薬を利用する場合も、そのときの状態によって対応は変わってきますので、医師の指導はしっかりと守るようにしましょう。(参考:インフルエンザにかかったら…ボルタレンは飲まないで!)