妊娠中のトラブルって付き物ですよね?特に吐き気や頭痛は苦しい…

妊娠中の多いトラブルが辛い頭の痛みです。

頭痛に悩まされている方は多くいらっしゃいますが、特に女性にとって大きな悩みともなってしまう症状です。

妊娠中であれば、どんなにひどい頭の痛みに悩まされてしまっていたとしても鎮痛剤などの薬を飲むことができません。

それに伴い、さらに大きな悩みとなってしまうことでしょう。

妊娠中に頭痛が起きる原因は女性ホルモンの分泌異常にあり!

ホルモンバランスの変化によって生理前や生理中に頭が痛くなってしまう方がいます。

また、妊娠中もホルモンのバランスが大きく変わるため、頭痛が起きやすくなります。(参考:妊娠初期に起こる頭痛などに対する体調管理法3つ)

また、運動不足や疲れ、血液の流れの悪さなどによって、脳の血行が悪くなってしまい辛い頭の痛みに見舞われてしまいます。

首や肩などが凝ってしまっている方であれば、さらに痛みが辛くなってしまうこともあるでしょう。

妊娠後期になるとお腹の重さなどによって、寝不足になってしまう妊婦さんも少なくありません。

睡眠不足によって寝不足になってしまうことから、頭の痛みを悪化させてしまいます。

さらに考えられる原因として挙げられるのが、鉄欠乏貧血妊娠高血圧症候群です。

妊娠高血圧症候群は、血圧の上昇によって脳の血管が広がり、周りの神経を圧迫してしまうことにとって、辛い頭の痛みに見舞われてしまいます。(参考:臨月の体調管理方法を知っておこう! ~頭痛・貧血・妊娠中毒症~)

ホルモンバランスは変えられない!妊娠中の頭痛への対処法を知っておきましょう。

頭の痛みには、吐き気や肩こり、嘔吐などが伴って引き起こされるものもあります。

また、ズキズキとした痛みた目の周辺の痛みが伴うものなど様々あります。

自宅でできる改善法として挙げられるのが、傷む場所をぬれたタオルなどで冷やす方法があります。

また、暗い部屋でゆっくりと休むことによって症状を和らげることができます。

痛い患部を冷やすことで広がってしまった血管を収縮することができるため、痛みを改善することが可能です。

その逆に温めてしまうと痛みを増すこともあるので注意しましょう。

入浴をする際には湯船につかってしまうと痛みを増す原因ともなってしまいます。

頭の痛みが強い際には、シャワーだけにしておくことをおすすめします。

しかしながら、肩こりや血行不良が原因となり頭の痛みの症状を引き起こしてしまっている場合には、湯船にゆったりと使ってリラックスするといいでしょう。

最も簡単にできる改善法が、深呼吸をすることです。(参考:偏頭痛の薬を飲む前に!食事やストレッチで改善してみては?)