インフルエンザによる頭痛はガンガンと頭全体が痛くなる辛い頭痛

インフルエンザの症状のひとつとして、頭痛があげられます。(参考:微熱の症状も伴うインフルエンザ – 感染経路から予防・治療まで)

インフルエンザウイルスに感染すると、ウイルスを退治しようとして、体内で様々な物質が分泌されます。

その物質が原因となり、痛みが発生する事があります。

通常は、我慢できるのであれば、そのままにしておいても問題はありませんが、痛みがあまりにも長引く場合は、ウイルスに長期間感染していることが考えられます。

熱が下がったからといって、完治ではなく、ウイルスが体内に潜伏している場合は、痛みが続く事があります。

ただし、通常のケースなら、発症してから5日程経てば、痛みは緩和していきます。

発症から5日以上たっているにもかかわらず、痛みが緩和しないという場合は、合併症を引き起こしている可能性も考えられます。

しかし、発症から5日以上たっても、症状が軽くならないことは、さほど珍しいことではありません。

お年寄りや小さな子供など、体力のない人の場合は、回復までに時間がかかってしまうのです。

ただし、万が一合併症を引き起こしている場合は、そのままにしてしまうと、危険なので、念のために、病院で診察してもらう事をおすすめします。(参考:3種類のインフルエンザ(A型,B型,C型)とワクチンの持続期間)

合併症ではない場合のインフルエンザによる頭痛は、回復する過程で起こっている症状となります。

頭痛が長引ているからといって、すぐに大きな問題がおこるわけではありません。

すぐに鎮痛剤を飲むのではなく、我慢ができるのであればそのまま様子を見た方が良いです。

インフルエンザの頭痛に効果的!?鎮痛剤の解熱作用に頼るのは危険!

鎮痛剤には、痛みを和らげるとともに、解熱作用もあります。

鎮痛剤を飲んで熱を下げてしまうと、インフルエンザの治りにも影響を与えてしまいます。

インフルエンザで体温が高くなるのは、熱の力でウイルスを退治しやすくなるからです。

ですから、熱はできるだけ下げないほうが、ウイルスに対して有効なのです。(参考:熱が出ない!?隠れインフルエンザに注意!)

我慢できる範囲であれば、鎮痛剤や解熱剤は、服用しないほうが良いでしょう。

 インフルエンザによる頭痛を和らげるためには、頭を冷やして、血流コントロールしよう

どうして頭が痛い場合には、頭を冷たくする方法があります。

人によっては、それだけで痛みをかなり緩和する事ができます。

冷たくする事で、血液の流れは悪くなるのですが、そのおかげで、頭痛の原因となっている物質が、血液によって流されなくなります。その結果、痛みが治まってくれるのです。(参考:頭の片側のみが痛くなる偏頭痛の原因と対処法:暖めるのは逆効果!?)

ただし、頭を冷たくするということは、体温を下げる原因を作っていることにもなるので、痛みが治まったら、冷やすのはやめた方が良いでしょう。