頭痛の原因は虫歯!?虫歯によって頭が痛くなる理由とは?

酷い虫歯になってしまった場合、頭がズキズキと痛む事もあるのではないでしょうか。

歯と頭が同時に痛くなりますのでとても辛いものですが、なぜ頭まで痛くなってしまうのかご紹介します。(参考:歯痛?頭痛?分からない時の見分け方)

虫歯によって頭痛が発生する理由は大きく3つに分ける事ができます。

1つ目の原因として顎関節症が挙げられます。

恐らく虫歯になってしまった場合、殆どの人は痛みの無い側をメインで使うようになるのではないでしょうか。

片側ばかり使う事によって顎に負担が大きく掛かってしまいますが、負担が大きくなる事によって顎の筋肉が炎症を起こしてしまいます。

それによって頭痛に繋がってしまう事があると言われています。

2つ目の原因として緊張型頭痛です。

片側ばかりで噛んでいる場合、顎の筋肉に負担が掛かるのはもちろんですが、実は首にも無意識に負担を掛けてしまうのです。

さらには首に負担が掛かる事によって肩にも負担が掛かりますが、首や肩が凝ってしまう事によって血流も悪くなり、老廃物が蓄積されて頭の神経を刺激して痛みに繋がる事があります。(参考:2種類の緊張性頭痛とそれぞれの対処法)

3つ目の原因として脳静脈血栓症です。

虫歯の程度によっては血管にまで細菌が入り込んでしまうと言われていますが、細菌が静脈に侵入し、そして脳の静脈も炎症を起こす事によって頭痛になる事があるのです。

虫歯による頭痛を治すのに重要なのは、すぐに治療を受ける事

痛みを改善する為には、やはり治療を受けるのが最も大切と言えます。

根本的に治療をしない限り改善される事はありませんので、兎にも角にも早く歯科に行って治療を受けるようにした方が良いでしょう。

また、虫歯は自然に治る事はありません。

歯は自己治癒能力がありませんので、ケガをした時のように放っておけば良くなる事は無いのです。

放置すればどんどん酷くなる一方ですので、治療は必須と考えておいた方が良いと言えます。

頭痛が発生する原因の1つとして脳静脈血栓を挙げましたが、最悪の場合は脳に血栓ができてしまう恐れがあります。

生命に関わる問題になる事もありますので、早めに治療を受けるようにしないと大変な事になってしまう事もあるのです。

すぐに治療を受けられない場合は-虫歯による頭痛は治りません

どうしても治療を受ける暇がないという時には、せめて痛みを強くしない為の対策をする事が大切です。

まず痛み止めを飲むのが有効です。

軽度の痛みなら治まる事もありますので活用してみると良いでしょう。

血流が促進されるような事を控えるのも大切です。

激しい運動や入浴、アルコールを飲むなど、血流を良くしてしまうと神経を圧迫して余計に痛みが強くなる事があるので注意が必要です。(参考:偏頭痛の薬を飲む前に!食事やストレッチで改善してみては?)