生理の時の頭の痛み(頭痛)も生理痛なのでは?

生理前や生理中にお腹や腰が痛くなる、いわゆる生理痛は女性の多くが経験することです。

また、痛むのはお腹や腰だけではなく頭痛を訴える人も中にはいて、これも生理痛の一種なのではと感じている人もいるようです。

この場合、痛むのは片側だけのことが多く「片頭痛」と呼ばれ、ズキズキ、あるいはガンガンするといった脈打つような痛みが特徴です。

症状がひどいと吐き気など伴うこともあり、お腹と頭のダブルの痛みで仕事や勉強に支障が出ることも多いのです。

片頭痛はストレスや飲酒、気圧の変化など天候によっても起こることがありますが、実はホルモンバランスの変化も原因になります。

ですから生理周期によって定期的に片頭痛が起こることは、あっても不思議ではないということになるでしょう。(参考:生理前に眠れない時の対処法)

なぜ生理痛で頭も痛くなるのか?

生理中は血流が普通と違うから頭が痛くなるのかと思うかもしれません。

お腹や腰の痛みは、温めて血行が良くなることで軽減するからです。

でも、原因は女性ホルモンであるエストロゲンの減少と、神経伝達物質であるセロトニンの減少にあるのです。

生理直前になるとエストロゲンが減少しますが、それと同時に痛みを抑える物質であるセロトニンも減少してしまいます。

特に血管に影響する物質なので、血流の変化で頭に痛みを感じてしまうということです。

更年期症状の治療ではホルモン療法としてエストロゲンを補充しますが、これにより頭痛がひどくなると感じる人も多いのでエストロゲンとの関係は明確であるといえます。(参考:妊娠中の吐き気を伴う頭痛はホルモンバランスの乱れが原因!)

じゃあ更年期を過ぎて閉経すれば改善する?

エストロゲンの分泌量が変動することによって頭が痛くなるのなら、変動しなくなる閉経後はそんな症状が起こらないのではと期待してしまうかもしれません。

閉経後にお腹や腰の生理痛の心配が必要なくなるように、頭の痛みの心配もしなくていいのならぐっと楽になるでしょう。

けれども頭が痛くなる原因は、女性だけでなく男性にも起こるようにホルモン以外にも様々な事柄が誘因となる可能性があります。

快適な毎日をおくるためには、誘因となるものを取り除く必要があります。

ストレスや過度な飲酒を避け、十分な睡眠をとるなど日頃から健康に気を付けることが大切です。

もちろん、生理がまだ順調だという人でもホルモンの分泌以外の誘因がないとはいえませんし、明らかに通常とは異なる痛みを感じた場合は医師の診察を受けるようにしましょう。(参考:風邪でもないのに微熱や頭痛が続く場合に考えられる3つの原因)