頭の前頭部の場所を前頭葉と呼ぶわけですが、この部分に痛みを感じるときには病気を発症してしまったのではないかと不安になる人も多いでしょう。

前頭葉が痛む原因としては、大きく分けて3つの種類のものがあります。

その3種類とは、緊張性頭痛偏頭痛くも膜下出血や脳腫瘍などが原因となっている痛みとなります。

この3種類のうつで、ろれつが回らない状態や痺れる症状がなければ、命の危険については心配しなくても大丈夫です。

頭が痛くなりやすい人の場合には、普段の症状について把握しやすいと言えますが、万が一普段よく発症する症状と異なる場合であるときには医療機関を受診することがおすすめの対処法となります。(参考:こめかみが痛い!こめかみに痛みを感じる2つの頭痛:それぞれの原因と対処法)

前頭葉の痛みが緊張性頭痛によるものであった場合 – 原因と対処法について

緊張性頭痛のときには、鎮痛剤を服用することで痛みを抑えることができます。

鎮痛剤を服用するときには、痛みを感じたときに素早く飲むことが有効と考えられます。

この種類の頭の痛みの場合には、頭部の血管の流れが悪くなっていることが原因ですので、投薬を行うことで治癒させることが可能です。

緊張性の頭の痛みは、日常生活を送る上で支障が出るほどの痛みではないことが多いですので、薬を飲まなくても治る場合も十分考えられます。(参考:緊張性頭痛の発生原因と対策方法)

ストレスの緩和や睡眠不足の解消、眼精疲労やカフェインが原因となっている場合もありますので、長時間のデスクワークやパソコンのモニタを見すぎているときには、血流を改善させることが大切になります。

 前頭葉の痛みが偏頭痛であった場合 – 原因と対処法をまとめました

偏頭痛のときには吐き気などの症状が同時に併発してしまうことが多いですが、この場合には数時間安静にしておくことで治る種類のものと言えます。

緊張性の頭の痛みとは異なり、この症状では予防を行うことが可能です。

抗てんかん薬や鎮痛剤を服用することによって、痛みを抑えることができます。

鎮痛剤としては市販されているものもありますので、アフピリンやアセトアミノフェン、イブプロフェンなどを使うことで痛みの緩和に役立ちます。

嘔吐の症状が現れているときには、制吐剤を摂取することで吐き気の解消の効果を得ることができます。(参考:頭痛に加え吐き気などの症状が起こった時には)

制吐剤が含まれている鎮痛剤を服用するときには、早めの服用を行うことで効果を得やすくなります。

予防薬の服用については1か月ほどは効果を得られますが、3か月の服用を超えることで効果が減ってしまう傾向があります。

薬の服用を行いたくない人の場合には、氷で冷やすことやタオルで締め付けることによって痛みを軽減させる方法も有効と考えられます。